スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)B!

電子書籍普及の夏、新端末・新刊本増加に本腰

 大手電機メーカーが今夏から、電子書籍を読む端末の最新製品を相次いで発売する。

 出版大手が新刊書の大規模な電子化を打ち出すなど、国内でも格的に電子書籍の市場が広がり始めていることが追い風となっている。





 ◆「チラよみ」機能◆

 東京都内で9日まで開かれた電子書籍の展示会「国際電子出版EXPO」は、出展社数が昨年の81社から150社に急増した。各ブースでは、来場者が「端末に書籍データを取り込む方法は」などと具体的に質問する姿が目立った。

 パナソニックは、近く発売する電子書籍用端末(価格未定、重さ400グラム)を出展。スマートフォン(高機能携帯電話)より大きな7型のカラー液晶を備えている。8月上旬に始まる楽天の電子書籍サービスに対応しており、購入前に文の一部を読める「チラよみ」機能が売りだ。パナソニックの伊藤正男市場開発室長は「書店でを探すような体験ができる端末を目指した」という。

 富士通と東芝は、4~6月に電子書籍サイトを開設しており、今夏に新たなスマートフォンやタブレット型端末を発売する。ソニーも、年内に電子書籍サービスに対応したタブレット型端末を売り出す。

 端末の売れ行きを左右するとみられる電子書籍の点数は、国内の出版業界が新刊を中心に、増加に腰を入れ始めている。

 講談社は2012年夏までに、書籍やマンガなど著者の許可が取れた全ての新刊を原則として電子化できる体制を整える。新潮社は、著者の許可が取れ、技術的にも可能なものは原則として書籍が出版された半年後に電子版も出版する方針だ。学研ホールディングスも原則として全新刊の電子化を目指す。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/07/11 ] 経済 | TB(0) | CM(0) B!
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

おかねもち新聞

僕の妹はニュースが読める

ruler:僕の妹はニュースが読める
世界の最新ニュースとお金の話題を配信するブログ。

スポンサー
月別アーカイブ
はてなエントリー


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。